Event is FINISHED

『インターステラー』で学ぶ相対性理論超入門 〜物理学に基づいたSF映画のリアルな映像表現の秘密〜

Description
去る1月某日、デジタルハリウッド大学で開催された「SF映画『インターステラー』で学ぶ相対性理論超入門」を受講しましたが、予想を超えるあまりの面白さに大感激。200席が完売し、キャンセル待ち多数という人気の理由がよくわかりました。すぐに講師の山崎詩郎さん(東京工業大学 理学院 物理学系 助教)に打診をし、フォトヴィレッジの講師としてお招きすることが叶い開講の運びとなりました。

完売御礼のため【10】を追加販売します。これ以上の追加販売はありません。(当日券はありません)
 
山崎詩郎さんご自身も大のカメラファンとのことで、この映画に登場する印象的なシーンの数々を物理学の観点から解説する新コンテンツを企画。「相対性理論超入門」の面白さはそのままに、フォトヴィレッジならではの「物理学に基づいたリアルな映像表現の秘密」をプラスアルファしたロングバージョンの講座です。映画『インターステラー』映像の上映はございません)
 
 
『インターステラー』で学ぶ相対性理論超入門
〜物理学に基づいたSF映画のリアルな映像表現の秘密〜
超・ナットク、あのシーンを物理学の観点で完全解説!
————————
主 催:フォトヴィレッジ
日 時:2018年4月15日(日) 15:00~18:00
講 師:山崎詩郎博士東京工業大学 理学院 物理学系 助教
参加費:3,500円【定員50名】完売御礼のため【10】を追加販売します。これ以上の追加販売はありません。(当日券はありません)
会 場:mass×mass関内フューチャーセンター
横浜市中区北仲通3-33 中小企業共済会館ビル 1F
 
参加方法/このページにてチケット
をお申し込みください。 
 

講座の内容
————————
2014年に公開された「SF映画の最高傑作」と名高い『インターステラー』。近未来、異常気象により滅亡の危機に晒されていた人類を救うために第2の地球を探すという壮大なテーマのストーリーです。日本でも興行収入12億5,000万円を記録したヒット作品ですが、この映画に登場する印象的なSFシーンが、本物の最先端物理学を基盤として超リアルに映像化されたものだというから驚きです。
 
「重力の定義は?」「光は重力で曲がる?」「重力が時間に与える影響は?」「事象の地平線とは何?」といった、いわゆる相対性理論の解釈を超入門編としてわかりやすく説明します。さらに実際の映画に出てくる数々の印象的なシーンを取り上げ、「ブラックホールはどうしてあのような姿なのか?」「ワームホールは穴ではなく球体なのか?」「ミラーの星の巨大津波の理由は?」「クライマックスの5次元空間の意味は?」など不思議な映像表現の謎を、相対性理論と物理学を用いて納得の説明をするロングバージョンの講座です。乞うご期待!(映画『インターステラー』映像の上映はございません)
 
 
参加されるにあたり、以下の【必須事項】を行ってください。可能であれば【推奨事項】も行っていただくと、講座をより深く楽しんでいただくことができます。
 
【必須事項】
映画『インターステラー』(監督/クリストファー・ノーラン)を観ておいてください。できれば複数回。印象に残ったシーンを頭に焼き付けておきましょう。
※ブルーレイ、DVD、ネット配信など
 
【推奨事項】
可能であれば以下の作品も観ておくとベターです。
1)2001年宇宙の旅(監督/スタンリー・キューブリック)
2)インセプション(監督/クリストファー・ノーラン)
3)メメント(監督/クリストファー・ノーラン)
4)コンタクト(監督/ロバート・ゼメキス)
 
『インターステラ
 
『インターステラー』スペシャル映像
 
『インターステラー』ブルーレイ
 
『インターステラー』DVD
 
『インターステラー』Amazon prime
  
【フォトヴィレッジとは】
コミュニティプラットフォーム『mass×mass関内フューチャーセンター』を活用した、プロアマ問わず写真好きの方が気軽に集まる街の写真コミュニティです。単に写真を学ぶだけではなく、ソーシャルとの関わりを生み出して役立てる狙いを持ち、写真をキーワードにした新しいイノベーションを生み出しています。
 
【mass×mass関内フューチャーセンターとは】
起業家・プロジェクトリーダーを育成&支援するプログラムを実施し、多様な人たちが集まるシェアオフィス&コワーキングスペースです。フォトヴィレッジとマスマスが繋がることで、学んだ撮影ノウハウを実践の場で活かす機会を創出しています。
 
 
 
講師
————————
山崎詩郎/Shiro Yamazaki
東京工業大学 理学院 物理学系 助教
 
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了、博士(物理学)。東京大学物性研究所、ハンブルグ大学、大阪大学特任講師を経て現職に至る。走査プローブ顕微鏡を用いた原子スケールの量子物理の研究に従事し、第10 回日本物理学会若手奨励賞を受賞する。

「科学者と科学で遊ぼう」をモットーに、週末はしろう先生として活躍。「青空サイエンス」や「ヒカリーランド」など親子向け実験教室から、「目で見る量子力学」や「SFで学ぶ相対論」などの本格的物理教室まで幅広く展開。全日本製造業コマ大戦予選で優勝、世界コマ大戦に出場を機にコマはかせに。「コマ科学実験教室」を各地で開催しNHK等各種メディアで紹介される。「世界はコマで回ている」(ブルーバックス近著)。

SF映画『インターステラー』が好きすぎて、世界最大のIMAXシアターで見るためだけに日帰りでシドニーに行く。それ以来『インターステラー』を題材に相対性理論や物理をヴィジュアルでわかりやすく伝える活動が人気を博し、待望の書籍化も決定。 

 
 
 
ナビゲーター
————————
川名マッキー/Macky Kawana
株式会社ビー・キューブ代表、フォトヴィレッジ村長
 
横浜市出身のグラフィックデザイナー&カメラマン。1992年に独立後、ポスター、広告、雑誌、CDジャケットなどのデザイン、撮影を手掛ける。2009年より家族写真の出張撮影「家族の肖像」プロジェクトを、2011年より写真教室「趣味の写塾」プロジェクトをスタート。
 
1月に山崎詩郎博士の「SF映画『インターステラー』で学ぶ相対性理論超入門」を受講して大感激、フォトヴィレッジに招くことを決意した。『インターステラー』は9回観た。
 
趣味は野鳥撮影。「日本野鳥の会」会員。代表を務める株式会社ビー・キューブはmass×mass関内フューチャーセンターのコワーキング・スペース会員。
 
 
 
オーガナイザー
————————
堀篭宏幸/Hiroyuki Horigome(mass×mass)
関内イノベーションイニシアティブ 広報
 
横浜市出身、1992年生まれ。マスマスに関わる広報、イベントオーガナイズ、クラウドファンディングFAAVO横浜のディレクション等を担当。
 
2016年から個人として、撮影、映像制作の活動をスタート。横浜&かながわの暮らしや働き方の魅力発信も。コーヒー&チャリ好き。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#329748 2018-04-10 01:59:22
More updates
Sun Apr 15, 2018
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
mass×mass関内フューチャーセンター
Tickets
『インターステラー』で学ぶ相対性理論超入門 SOLD OUT ¥3,500
完売御礼・追加10席(当日券はありません) SOLD OUT ¥3,500
Venue Address
横浜市中区北仲通3-33 中小企業共済会館ビル 1F Japan
Organizer
フォトヴィレッジ
336 Followers
Attendees
60